資産価値が高い土地の面積の特徴を解説!

適度な広さの土地がおすすめ

資産価値が高い土地の面積を知りたい時は、まずその全体の広さに注目する必要があります。面積が狭すぎると家を建てるにしても小さい家しか作ることができません。適度な広さのある面積の方が、資産価値が高いといえます。家を建てるのにちょうどいい面積の土地は、誰にとっても使いやすいといえるかもしれません。土地を探す時は、自分の目的に合った広さの土地かどうか、という点に注意するようにしましょう。あまりにも狭い面積の土地は、使い勝手が悪くて価値が高くなりにくいです。ただし狭くても自分達にとっては都合の良い面積なのだとしたら、その土地を所有する価値はあるのではないでしょうか。土地を子孫代々に受け継がせるなら、後々まで価値のある土地かどうか考えてみると良いでしょう。

広すぎるのもNGかも?

狭すぎるのとは反対に、広すぎるのも問題です。一般的に、土地はあまりに広すぎると坪単価が安くなる傾向にあります。せっかく広い土地を買ったのに、資産価値は低かったとなると、ショックが大きいかもしれません。基本的には土地の面積が広いと価格は高くなりますが、あまりにもニーズに合っていない広さの土地は、安い価格であることが多いです。戸建ての場合は20から60坪の広さの土地の需要が高いので、資産価値が高い土地を探しているならその辺りの広さのものを見つけるようにしましょう。資産価値が高い土地は、子孫に受け継いでもらいやすいです。もし売ることになっても、良い価格で売れる土地の方が、子孫にとってはありがたいものです。土地を選ぶ時は未来のことまで考えて、適度な面積の土地を探し当てましょう。